supported by assistants

ブリッジの手入れは入念に

June 28, 2014

ブリッジとは、歯を失った部分を、その前後の歯を橋脚として橋渡しした固定式義歯のことをいいます。取り外しのできる義歯つまり入れ歯に比較して、ブリッジは

 

 ○ 違和感が少ない(装着感がよい)

 ○ 自分の歯に近い感覚で咀嚼できる

 

といったメリットがあります。その反面、

 

 ○ 自分の歯を削らなくてはならない

 ○ 義歯のように、はずして清掃できない

 

という欠点もあります。

 

 この欠点を知った上で、ブリッジの手入れ、つまり清掃や管理をすることが重要です。

 

 ブリッジの手入れといっても、基本的にはご自分の歯と同じです。歯と歯ぐきのさかいめ、隣りの歯とのすき間を意識的に、ていねいに清掃してください。

 

 さらにブリッジの場合は、歯のない部分に橋げたのような、歯ぐきからわずかに浮かせた人工の歯(ボンティツク)があるのが特徴です。普通はブラッシングしやすいように、このポンティツクの下と横にわずかなすき間が作ってありますが、このすき間の清掃が大切です。歯ブラシがしっかり入れば問題はありません。入らない場合は、歯間ブラシや先端に芯のはいったフロス(糸楊子)などで補助的に清掃する必要があります。きちんと清掃できているかどうかは、歯科医院でチェックしてもらいましょう。

 

 単独の歯にかぶせたクラウンなら、接着に使つたセメントが取れればクラウンもはずれますが、ブリッジの場合は1本がはずれてもブリッジ全体が外れるとは限りません。外れた部分からむし歯になる可能性が高いので、早期発見のために、定期的な歯科検診を受けましょう。

Please reload

Recent Posts

June 28, 2014

Please reload