supported by assistants

健康の投資をしていますか

June 28, 2014

先日の新聞に、この不況の中、1500cc以下の小さなクルマがよく売れていて、新車販売の6割を占めているとの記事が掲載されていました。不況ゆえの低額な値段、燃費を含めた経費、環境問題から、小さなクルマに関心が集まるのは当然のことだと思います。

 

ところが、150万円台のクルマを6年間乗ったとして、駐車場代や保険料等を合わせると、年間の負担額は60万円を越えてしまうそうで、結局6年で車輛台のおよそ2倍の支出をすることになります。月に換算すれば、使おうが使うまいが5万円です。知らず知らずにすごい出費をしているんですね。そしてこれに気づかないとしたら、ちょっと怖いですね。

 

さて、では皆さんは自分自身の健康にどのくらいの出費をしていますか?自動車以上の投資をしているでしょうか?広い意味での「健康への投資」は必ずしも医療に限らず、たとえば今はやりのエステなども含まれると思います。若さや美容を手に入れることにより、また、自分の身体的な悩みが解消され、結果として精神的にプラスになれば、これらもやはり「健康への投資」といえるのではないでしょうか。

 

歯科の分野では、半年や1年に一度、歯科の検診を受けて、歯石をとったり小さなむし歯の処置をしたとしても、クルマに比べればずいぶん負担は少ないと思います。また、検診により、大きな問題がなかったことが確認できるだけでも、気分的に安心できるのではないでしょうか。

 

ところが、忙しかったり、治療に対する恐怖心があると、歯科医院への足はどうしても遠のきがちになります。でも、手遅れになってから大がかりな処置で大変な思いをして出費をすることを考えれば、検診への投資はひとつの安全保険ともいえると思います。

 

こう考えると、「健康への投資」とは単に費用面だけではなく、大切な健康のために使う気持ちや時間なども含まれるように思えますが、どうでしょうか。

 

皆さんにとって大切なものは何ですか?

Please reload

Recent Posts

June 28, 2014

Please reload