supported by assistants

顔のゆがみの原因にかむくせが・・・

June 28, 2014

-左右の歯を意識して使いましょう--

 

 頚が完全に左右対称という人はいないと思います。しかし、左右の違いがあまりにも著しい場合は、やはりよい顔貌とはいえません。顔のゆがみは単に「見た目」からだけでなく、顎関節症、姿勢の悪化、肩こりといった機能的な面からもチェックが必要です。

 

 たとえば、ほとんどの人は心臓が左側にありますから、心臓の負担を軽くしようと無意識のうちに右向きで寝る傾向があります。いつも右向きで寝ていると、アゴがそれ自体の重みで右に偏りやすくなり、また睡眠中に歯を食いしばる癖があれば、それだけ右の筋肉が緊張を強いられて、あごが右に寄った顔になりやすいのです。

 

 似たような理由で、頬杖をっく癖も顔のゆがみの原因になります。ことに骨格や筋肉が成長する成長期には気をつけなくてはなりませんね。また、むし歯や歯がないことが原因で、反対側ばかり使っていると顔のゆがみを生じたり、顎関節症になりやすくなります。

 

 顎関節症は、コーラスなど大きく口を開ける機会が多い人にも時々起こります。日常的な運動範囲を超えたあごの動きで関節部分がダメージを受けたものと考えられます。同じく、普段あごをあまり使わないのに、急激にあごに負担をかけた場合にも起こります。

 

 モノを噛むとき、左右まったく同じく使っている人はほとんどいませんが、自分でどちら側の歯をよく使っているかは意識しておきましょう。そして普段から、噛み癖のある側で咀嚼しているのに気づいたら、その反対側も使うよう心がけることが大切です。ただし、急に硬いものを噛むとかえって症状を悪化させますので、ご飯のようなものからゆっくり試してください。

Please reload

Recent Posts

June 28, 2014

Please reload